できるだけ抜かない方が良い

虫歯の症状を知る

もし虫歯になっても、早く治療すれば問題ありません。 ですから口腔内に異変が起こったら、すぐ歯医者に行きましょう。 また問題が起こっていなくても、定期検診に行くことをおすすめします。 すると小さくて自分で気づかなかった虫歯でも、医師が見つけて治療を進めてくれます。

普段の歯磨きを振り返ろう

毎日歯を磨いていても、その方法が間違っていると虫歯になってしまいます。 一度虫歯を治療しても、歯磨きが変わらないとこれからも虫歯になるという悪循環に陥るので改善しましょう。 ポイントは力を入れて磨かないことと、食後の歯磨きを欠かさないことです。

悪化したら抜かなければいけない

歯を抜くと口腔内に大きな負担を与えますし、代わりの歯を埋め込むので治療費も高くなります。 あまり良いことがないので、抜かないで治療できる場合は永久歯を温存するようにすすめられます。 歯の具合をよく確認せず、すぐに抜こうとする歯医者は治療の選択肢が探せないので避けましょう。

なぜ温存した方が良いのか

歯の治療をする時は、基本的に削っていきます。
虫歯が神経にまで達していて、歯を削るだけでは治療できない時に歯を抜くのが一般的な方法です。
ですからそこまで悪化していない時は、虫歯になっても歯を温存するように言われるでしょう。
特に乳歯と異なり永久歯は、1回抜くともう生えてきません。
抜いたら代わりの歯を埋め込まなければいけなくなるので、治療費が高額になってしまいます。
良い歯医者かどうか見極める時も、できるだけ永久歯を温存しようと努力してくれることを重要視しましょう。

永久歯を温存するためには、早く虫歯に気づかなければいけません。
虫歯になると、冷たいものがしみたり歯茎から血が出たり、痛みを感じたりするようになります。
どれかの症状が1つでも見られたら虫歯を疑って、歯医者での検診がおすすめです。
しかし症状を感じている時は、すでに悪化している状態だと言われています。
少しでも早く、初期症状で気づくためには定期検診に行くことが欠かせません。
こまめに検診に行って、口腔内をチェックしてもらいましょう。

虫歯にならないように、普段から丁寧に歯を磨くことを心がけましょう。
歯医者に行くと、これからも永久歯を温存できるよう、正しい歯の磨き方を教えてもらえます。
雑に磨いていると歯にダメージを与えて、虫歯になりやすくなるので気を付けてください。
また虫歯菌は、口腔内の汚れや糖分をエサに繁殖します。
糖分やエサが、口腔内に残らないよう歯を磨きましょう。