できるだけ抜かない方が良い

>

悪化したら抜かなければいけない

この記事をシェアする

虫歯の治療方法を知る

歯医者に行くと口腔内を確認され、虫歯の進行具合を見て医師が治療方法を決めます。
虫歯になったばかりで悪化していない段階だったら、歯を削るだけで対処できます。
その時は、永久歯を抜かずに温存した方が良いと医師にすすめられるでしょう。
理由は、歯を抜くと周囲の歯や神経に負担を与えるからです。

今回の治療がきっかけで、今度は周囲の歯が病気になってしまうかもしれません。
それではいつまでも治らない悪循環に陥るので、削って治療してもらいましょう。
さらに永久歯を抜いて、そのままの状態にできないので差し歯や銀歯など代わりの歯を用意する必要があります。
治療に時間と高額な費用が掛かるので、できれば抜かずに温存する方向で治療法を相談してください。

信頼できる歯医者の見極め方

良い歯医者は、できるだけ歯を抜かないように治療してくれます。
すぐに歯を抜こうとする歯医者は間違っていることが多く、避けるほうが良いでしょう。
歯医者の治療方針を見ることで、信頼できるところを見極められます。
虫歯になって歯医者に行くことになったら、その歯医者の治療方針をチェックしてください。

歯医者の公式サイトを見ても良いですし、口コミなどを見ても良いと思います。
その歯医者で治療を受けたことがある人の意見を聞いて、信頼性を確かめてください。
すぐに歯を抜かれた、治療方法を詳しく説明してくれなかったという意見が多数見られる歯医者は利用しないでください。
そこでは永久歯を温存できませんし、治療の際にトラブルが起こりやすいです。