できるだけ抜かない方が良い

>

虫歯の症状を知る

この記事をシェアする

悪化させないことを意識

歯茎から血が出る、冷たい食べ物や飲み物がしみるという症状が出ている場合は、歯医者に行きましょう。
虫歯である可能性が高く、歯医者に行くことで原因がわかりすぐに治療してもらえます。
最初は、痛みを感じるのが冷たいものを摂取した時だけです。
しかし悪化すると何もしていない状態でも痛みを感じ、眠れないレベルになってしまうので注意が必要です。

その頃になると虫歯が神経にまで達していることが多いため、永久歯を温存するのは難しく抜歯の可能性が高いです。
そうならないよう、初期の状態で治療してもらいましょう。
急に、虫歯の症状に気づく時が来るかもしれません。
そのような時でもすぐ歯医者に行けるよう、身近に良い歯医者がないか探しておくことをおすすめします。

初期は自覚症状が少ない

痛みを感じるなどの自覚症状が出ている時は、虫歯が相当悪化しています。
もっと早く虫歯に気づいて治療することで、削るだけで済みます。
早期虫歯発見のため定期的に医師に口腔内をチェックしてもらいましょう。
専門的な知識を持っている歯科医師にチェックしてもらえば、小さな虫歯でも見つけてもらえます。

歯医者では定期検診を受け付けているので、口腔内に異変が起こっていない時でも通ってチェックしてもらうと安心です。
定期検診は、1か月に一度訪れるのが目安です。
そのぐらいのペースで通えば、口腔内に異変が起こってもすぐ治療を開始でき、悪化を防げます。
口腔内をチェックするだけだったら、それほど時間は掛かりません。
忙しい人も時間を見つけて、歯医者に行きましょう。