できるだけ抜かない方が良い

>

普段の歯磨きを振り返ろう

この記事をシェアする

歯に負担を与えないこと

強く擦ると、歯に傷がつきます。
そこから虫歯菌が侵入し、虫歯になるリスクが高まるので磨く力に注意してください。
軽い力を入れるだけでも、十分汚れが落ちます。
歯に負担を与えないよう、毛先が柔らかい歯ブラシを使っても良いでしょう。
よく見ると歯ブラシのパッケージに、硬め、柔らかめというように毛先の情報が記載されています。

歯ブラシは、時間の経過で古くなったものや磨きにくくなったら買い替えてください。
毎回丁寧に洗っているかもしれませんが、ずっと使い続けている歯ブラシにはバイ菌が付着しています。
それを口腔内に入れることで、今度は口腔内にバイ菌が移動して虫歯や別の病気になってしまう可能性もあります。
毛先が広がってきたら、歯ブラシを交換するタイミングです。

いつでも歯を磨ける準備

朝食と夕食の後は、歯を磨く時間があると思います。
しかし昼食は外食で済ませる人が多く、自宅にいる時のように磨けないかもしれません。
外食を理由に、歯磨きを怠るのは間違いです。
昼食の後もしっかり磨くことで虫歯の予防になり、永久歯をこれからもずっと温存できます。

そこでおすすめなのが、携帯用の歯磨きセットです。
携帯用の歯磨きセットあれば外食をした時でも、お手洗いに行って歯を磨けます。
どうしても磨ける場所や時間がなかったら、食後に口をゆすぐと効果的です。
また歯を磨いたら、糖分が含まれるものの摂取を控えましょう。
水分補給は水や、無糖のお茶やコーヒーがおすすめです。
糖分が口腔内に残ると虫歯菌のエサになり、繁殖しやすくなると覚えておきましょう。